カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2015年08月27日

新たな挑戦 芝居

今年になって、演劇を見に行く機会が多くなってきました。

始まりは仕事先から京都南座の『広島に原爆を落とす日』のチケットを頂いたことからです。

大昔、大地真央さんの『風と共に去りぬ』とかコロッケさんが出演した『西遊記』、最近では劇団四季の『ライオンキング』、面白かったのが京都の三条にある(ギア)というセリフなしのパフォーマーと芝居のものです。

今年の夏に吹田にあるメイシアターで【演劇ワークショップ】に2回参加しました。
そのあとオーディションもあったのですがお稽古に仕事帰り通うことが時間的に難しく断念しました。
とてもやりたかったのですが・・・
もっと近くで練習日に通うことが可能なところはないかと探していたところ、栗東のさきらという芸術会館で2から3年に一度ミュージカルをされていることを発見しました。

なんというチャンス!!練習日は日曜日の大体週1回なのでこの練習日に通えるように事務系で仕事を探し転職。

吹田のさきらは平日週2の夕方からなのでちょっと難しかった。

時期的にちょうどよく見つかりオーディションにも間に合いました。

今回、応募者が100人くらい集まり選考に時間がかかったようで結果がいつ来るのか結構待たされましたが、無事受かり来週から顔合わせのワークショップが始まります。

これからは練習の状況を少しお伝えできればと思います。
撮影はできないそうなので写真での報告はできないのが残念ですが、楽しみにしていてください。

プロのスタッフが指導してくださるのでとても楽しみにしています。

栗東芸術文化会館さきら さきら創造ミュージカル




posted by くる未 at 00:44| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。