カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2008年09月18日

クレイアニメーションに挑戦

9月7日甲賀市でクレイアニメーションワークショップに参加しました!!
滋賀県メディアアートフェスティバル「みんなでクレイアニメをつくろう」

ちょっと早起きして草津で近江鉄道に乗り換え9時半前には水口城南へ着きました。

今日のクレイアニメ―ションワークショップの講師ははしもとまさむさん。テレビチャンピオンのクレイアニメーターでぷっちょのCMといったらみなさんおわかりですよねー

とても気さくな、ユーモアあってすっごくいい人そうな感じに見受けられました。

参加者は小学生からということもあって、ほとんどが親子で来られてましたが中には男の人一人とか大学生のグループ(芸術関係の勉強をしている人)が来られてました。

私は一人で参加しましたが、なんとこれを知ったのは二日前、偶然近くのスーパーで置いてたフリーペーパーで見つけて早速予約を入れました。
それまでクレイアニメ―ションのワークショップがこんなに身近に学べるとは知らなかった―

これまででもいろんな所を全国まわってられたとか・・・全然知らなかったよー


中日新聞 甲賀でクレイアニメに挑戦9時半開始、ちょっと早いので家を出るのは乗り換えも考えて一時間以上前に・・・・

甲賀クレイアニメ

1グループ7から8人に分けられて8グループほどになりました。

最初は小学生の兄弟姉妹の2家族と中学生かな?の親子と私でまとまるかなーっと思いましたが。

自己紹介をして作っているうちにお母さんとも子供たちともあーだこーだ言って、楽しく打ち明けて作業することができ、ワイワイ言いながらいいものができました。


まず、絵コンテを描いてストーリーを作りクレイ粘土で
を作ったり、色画用紙で背景を作りました。

私は絵コンテと背景担当。


出来上がってみるとかなりいいもの作れたと思います。



ラベル:クレイアニメ
【関連する記事】
posted by くる未 at 09:38| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クレイアニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。