カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2009年01月26日

映像編集講座へ参加

先日映像編集の講座へ参加してきました。

ビデオカメラの撮影から講座を受けるのが先だったけど、あいている日にちから申込したので前後してしまいましたが。

びわ湖放送のテレビ局専門家と龍谷大の教員・学生さんが撮影から編集まで指導してくれるもので初めて参加しました。

今回は動画を編集しようというテーマで大変興味がありました。

ソフトはAdobe Premiere Proを使って教えていただきました。
何度か口頭で聞き逃したら、ついていけなく質問しましたが丁寧にそのつど個人的に教えていただき戸惑わずに済みました。

これなら自分でも編集できそうと思ったのですがそのソフトは個人で買えば10万以上するそう。それに新しいものにバージョンアップするので・・・
Adobe Premiere Elements で十分だということでしたが。簡単操作で手軽にムービー作成!【送料無料】アドビシステムズ Premiere Elements 7 日本語版 W...

午後から使ったハイヴィジョン対応業務用ビデオカメラも高価なものだと思ってましたが20万位で買えるそうですが3年前のもので今お勧めなものはないそうです。

カメラも参加されていた学生さんに撮影・編集をほとんど任せていたので結局さわれず・・・
自分のものでないとやはり気がひけます。
が、ドキュメンタリーの撮影で原監督や長岡監督から教わったことから自分では撮影しないのに「三脚は絶対必要ですよ!」とか注文がついつい口に出てしまう・・・
他の参加者はそのようなクラブに入って撮影・編集されるまでの方ばかりで自分のカメラを回したり、編集もいろいろ知っていられるのでマイペースに話に花を咲かせていました。

最後に3分間の映像を編集完了に近づいたという時、なんとデーターが突然消えちゃいました。
作成中何度か保存しなければいけなかったのに、それも忘れてしまって結局何も残ってませんでした。

ガッカリ

3班チームだけ発表できず!

残念でしたが勉強になりました。


ラベル:ビデオカメラ
posted by くる未 at 17:44| 滋賀 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。