カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2009年02月06日

ビデオ映像講座

映像協議会のやさしいビデオカメラ撮影講座に参加してきました。

会場は長浜です。

午前中はZTVの講師にご指導いただいて、午後からお昼を各自食べたあと一人で持参のビデオカメラでの撮影です。

長浜は何度か一人で来たことがあったので黒壁スクエアとかガラス館、巨大万華鏡などあることは分かっていました。

その辺をザクティにおさめようと思い絵になるところを散策

時間は2時間ほどある。

店先に並んだ風情あるディスプレイや商店街の入口にある目につく絵をチルドダウン

チルドダウンはその日の講座で覚えました。上から下にカメラを動かすことでしたっけ?

巨大万華鏡を片手で回しながら撮ったり、椅子に固定して撮ったりしてみました。

建物の間を流れる川があったので水草が流れによって動く様子や建物が写りこむ様子

鷺がいたので撮っているとちょうどズームした後、餌とついばんだ!ラッキーな絵がとれた

いろいろ自分で工夫しながら何とか一人で撮れた

かえって評論会

講師の方は辛口のコメントもいいところもちゃんと言ってくれるのでいいアドバイスになりわかりやすかった。

自分の撮影は初心者なんですけど結構べたほめされていい気分!!

なんか手ごたえを感じてこれからも撮影は撮っていこうと思いました。

私は絵も描くので(最近は描いてないけど)油絵や水彩画を滋賀の美術展に出店したことがあるが、全く褒められるどころか見向きもされなかったのでやめてしまいました。
結構自信あったのに・・・

褒められるっとことは興味も深まる

次回は映像コンテストに出したいと思いました。


ラベル:ビデオ
posted by くる未 at 20:22| 滋賀 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。