カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2009年07月24日

図書館へ・・・

久々に図書館へ行きました。

戦後 女流作家の小説を実家に帰ったとき、親戚の方に進められてたまには読書もしないといけないな〜っと思い。

戦後に生きる女性はちょっとのことではへこ立てない強い精神力をもっている・・・

3代女流作家を探しまいたが夏休みのせいか思った本が見つからず、恋愛ものなど借りてしまった。

まあ、本屋さんで買うか・・・

ふと本棚を見ると映画の絵コンテやアニメーションの絵コンテの本があったのでそれらも借りました。

これからの参考になるなー

帰りに楽譜コーナーを見ると探していた憂歌団のバンドスコアが!!


あー


本屋では絶版なのか置いていない

憂歌団といっても私はほとんど知らないのですが、最近始めたギターの話と会社の上司としていてオススメということで素直に興味を持ちました。

私も渋いの好みなので

これがひければかなりの上級者ですよ

今はクラプトンにはまってます。

エレキのほうはボンジョヴィの楽譜を買おう。




posted by くる未 at 22:01| 滋賀 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。