カスタム検索
〜わたしの人生でひとつだけ      みんなに言い遺しておきたいことがある〜   土地に根を張って生きてきた“生活者たち”の遺言(=ラスト・メッセージ)集       『 結 い 魂 (ゆいごん) 』     一見、どこにでもいるお年寄りたちの、笑いあり、涙ありの人生綺譚を観て、あなたは、お年寄りから、何を受け取りますか?あなたなら、どんなことを「言い遺し」ますか?   ぜひ、試写会で映画を観て、あなた自身の地域・ 未来・人生を、感じてください!! ●主 催  ひょうたんからKO−MA ●共 催  アサヒ・アート・フェスティバル実行委員会 ●特別協賛 アサヒビール株式会社 ●助 成  財団法人アサヒビール芸術文化財団 4年間 原一男監督・長岡野亜監督と市民がドキュメンタリー映画を作りました。


ドキュメンタリー映画
ユナイテッド・シネマ大津

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

2012年02月06日

振り返って・・・

ブログの更新が久しぶりで、申し訳ありません。

去年、ついに映画が完成して上映会を行うことができましたので、去年から振り返ってご報告をします。


2011年10月に東京浅草、アサヒ・アートスクエアーで行った上映会に行って参りました!

東京に行く機会はあまりないし、初めての上映会は絶対仕事を休んでも行こうと思って行きました。

時間的には東京についたらすぐに電車を乗り継いで、浅草観光もする時間もなく会場に着くとみなさん昨日から泊りで準備されていました。

ボランティアで受け付けや会場作り、そして地鶏のすき焼きを見ていただいた方に振る舞う演出を考えられていました。

iphoneより取り込み 254.JPG

映画「結い魂」を見ているときは「ああ、このシーン撮影のとき思い出すなー」なんて思いながら懐かしくなって、よみがえってきました。
この映画はそれぞれオムニバス形式でいろんな方の人が映し出されていますが、見る方にもそれそれ人生があり思うこともみなさんそれぞれだと思うのでそこが面白いところだと思います。

上映あとは監督、スタッフによるディスカッションが行われました。

iphoneより取り込み 256.JPG

ちなみに第一話
雨ニモマケズ。ごみニモマケズ。
のナレーターは私がやっております。



▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△

    3年半の歳月をかけ、ついに完成!!

 「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督が企画・監修した
   滋賀県発・市民制作ドキュメンタリー映画

      『 結 い 魂 (ゆいごん) 』
      http://gonza.xii.jp/yuigon/

 









posted by くる未 at 20:34| 滋賀 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 結魂 映像プロジェクト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。